イメージ画像

薬剤師のDI業務とは

薬剤師にはDI業務があります。 DIとはDrugInformationの略で、調剤や服用に関する指導、 医薬品の管理、育児衛生など医薬品に関する情報を 収集し、整理する医薬品情報管理業務のことです。

DI業務では、日々新しくなる医薬品など安全情報、 緊急安全情報など新しい医薬品の情報を インターネットなどを利用して、世界中の文献や書籍などから 収集して整理するというのが業務内容です。 このような情報全てを医薬品情報といい、 情報を提供していくのです。

患者さんに対して、安全で有効性のある薬物療法を 行うために、医師や薬剤師、看護師に対して、 的確に、そして迅速に情報を提供していきます。 そのため、専門性も高く、そして責任も大きい業務となっています。 医療は近年著しく進歩しており、それに伴い、医薬品も 次々と新しいものが世の中に出てきています。

そのため、最新の医薬品の情報に敏感になり、 そして有益な情報をいち早く知るためにも、 広く見識を持っていなくてはなりません。 医薬品の情報は非常に量が多いですが、 その中から必要なときに必要な情報をすぐに 取り出して確認できるようにきちんと 管理することも大切です。

また、これらの情報はわかりやすく人へ伝えなくては なりませんので、薬に対する専門知識が豊富なのは もちろんのこと、コミュニケーション能力が高くなくてはなりません。 このようなDI業務が必要とされている場所は 病院(DI室)や調剤薬局、そして製薬会社のコールセンターなどがあります。

医療はどんどん進んできていますが、それに伴い、 複雑化されており、分業化が進んできています。 そのため求人もどんな業務をするのか 業務内容が詳しく明記されているため。 より高い専門性を活かしたい、知識を極めて仕事をしたい という薬剤師の人はDI業務の求人を探してみてはどうでしょうか。

DI業務は正規雇用だけでなく、パートやアルバイトで 募集している求人もありますし、自分のライフスタイルに 合わせて働き方を選ぶとよいでしょう。

このページの先頭へ