イメージ画像

11月後半から12月は看護師の転職のベストシーズン

看護師の転職シーズンで一番良いシーズンは11月後半から12月とされる説がありますし、事実転職している看護師もとても多く集中しています。 ここでは、この時期になぜ転職が多いのかを解説したいと思います。

どうして冬に転職を考える看護師が増えてくるのでしょうか?

(1)ボーナスシーズンでもあるので、いただくものを頂いてから転職する看護師が増えるから
(2)ボーナスの金額や評価・査定がキッカケになって転職を考えるから
(3)年末になると1年の総括として現状を見直す看護師が増えるから
(4)3月4月の求人増加を狙って転職活動をスタートする看護師が増えるから

こういった背景があるので病院の募集も増えて、普段よりも採用水準が下がることもあります。 自分が思っていた以上の条件の良い求人に巡り会うチャンスも増えます。 転職活動が活発化しますから通常では空きがでないような求人枠も出やすくなったり人気病院の求人も出たりし

ます。 競争率は激化しますから早め早めに行動することを心掛けましょう。 タイミングを逃してしまうと求人は激減します。 すぐの入職も4月入職もどんどんと採用が進みます。 採用枠が埋まると募集終了になります。

たとえ募集が残っていても倍率が上がりとても不利な戦いをしなければなりません。 ボーナスについても、これは病院によっても異なりますが、在籍期間によって査定ができるできないがあります。 場合によってはボーナス支給対象にならない場合もあります。

早めに情報収集して損をしないようにしたいです。 看護師の転職が決定するまでは転職活動をスタートして少なくも1カ月は必要になると思います。 このシーズンは転職を考えるベストシーズンですから競争相手が動く前に早めに行動を起こしましょう。 良い転職をゲットするならば<早めのアクション>が鍵になることでしょう。

以上、11月後半から12月になぜ転職が多いのかを解説いたしました。 看護師が転職を考える場合の参考にしていただけると幸いです。

このページの先頭へ