イメージ画像

看護師が転職するタイミング

就職が厳しい時代と言われているのですが看護師は他の職業とは異なって求人情報がとても多いので恵まれています。 看護師のキャリアや将来を考えた場合に今の職場から転職するベストタイミングがあるはずです。 ここでは看護師が転職するタイミングについて考えてみましょう。

看護師経験を5年もすると看護師のあり方をいろいろと考えたりします。 総合的に業務ができるようになれば<将来どういったことを学びたいのか>とか<何を最優先にして仕事をするのか>など個人個人いろいろなタイミングがでてきます。

それは転職という形になるかもしれませんし、場合によっては病院内の異動になるかもしれません。 いくつかのパターンで考えてみますので参考にしてみてください。

1番目は看護師としての専門性をもっと深めたいと思うタイミングです。 深い知識やスキルをマスターしたいならば急性期病院のICUや救急病棟・外科病棟・手術室がいいでしょう。 入職時からそのセクションならばスムーズに勤務できると思います。

しかし内科系からの異動になると相当勉強しなければなりません。 とりわけ集中治療室ICUは患者様の重症度が異なりますから1年間は必死で勉強しなければついていけないでしょう。

2番目は患者様とのふれあいを大切にしたいと思うタイミングです。 このようなケースではデイサービスや療養型の病院がいいです。 救急指定されている病院で仕事をする場合は業務や時間に追われてしまいます。 じっくりと患者様とふれ合うような時間的余裕はありません。 患者様との会話時間が少なくて疑問に感じている看護師は検討してみましょう。

3番目はプライベートの時間を充実したいと思うタイミングです。 このパターンの場合は個人病院や診療所や老人施設が良いと思います。 大学病院など二次・三次救急病院と比べると重症度が低いです。 残業も比較的少なく定時出勤定時退社ができますからプライベートは充実できるでしょう。

4番目は仕事をしながら旅行も楽しみたいと思った場合です。 この場合は派遣看護師がいいでしょう。 派遣会社の通じて一定の期間、好きな場所で仕事ができます。 ツアーナース(旅行添乗看護師)とか離島応援ナースで仕事をしたりできます。 将来的に住んでみたい場所があるならば、事前に地域の様子を調査できるので一石二鳥です。

以上、看護師が転職するタイミングについて考えてみました。 一度自分を見つめなおす時間を作ると新たな自分の一面が見えてくると思います。

このページの先頭へ