イメージ画像

CRC(治験コーディネーター)に求められる能力

CRCは求人数もそれなりの数があるため、就職先を探すのはそれほど難しいことではありません。 ですが、条件が良い仕事などはどうしても競争率が高くなってしまうものです。 そこで、どういった人材がCRCの職場で求められているのかについて知り、採用される確率をアップさせることができるようにしましょう。
看護師の転職先選び:大学病院で注意すべき点は?

まず、当然のことながら医療や薬に関する知識が必要です。 どれくらいの知識や経験が求められるかというのは働く現場によって大きく異なりますが、医学に関することの他、法的知識が求められることも多いです。

これは、業務内容として治験支援業務が含まれるためです。 薬事関連法規を理解している必要があるので、ただ医療について知識を持っていればいいというものではありません。

それと、資料の作成や調査報告書を作る際には、パソコンの能力が求められます。 今はほとんどの作業がパソコンを使って行われているので、見やすい資料を作成する能力があれば重宝されるでしょう。

知識の面では、医師と話をしながら仕事を進めていくことになるため、非常に専門的な知識が必要になります。また、治験は準備から始まり報告書を作成するまでの間にたくさんのステップがありますが、それらをスムーズに進められるように工夫しなければなりません。

どこかで躓いてしまうとそれだけ次のステップに進むのが遅れてしまうので、支障なく1つの治験を終わらせることができるかどうかというのはとても重要です。 CRCとして働くうえで一番大切だとされる能力がコミュニケーション能力です。

これは、様々な現場でたくさんの人と接するCRCの業務上、どうしても必要になる能力でもあります。 そのため、明るく人と話をすることができるかという点も面接の際には重視されるので、コミュニケーションスキルも磨いておいたほうがいいですね。

医師や患者だけでなく、チームを組んで治験に臨むことも多いため、仲間と協力しながら業務を進める能力も求められます。 確かに知識や経験も重視されますが、それ以上にコミュニケーション能力を高く評価される場合が多いです。

内科で働くメリットとデメリット

ひとくくりに内科といっても、多くの種類があります。多くの看護師がこの内科で活躍しているわけなのですが、内科としての看護師の役割にはどのようなものがあるのでしょうか?

基本的には、病棟看護師や外来看護師が行うような仕事をすることが多く、より専門的な検査だったり、診断の補助をするようになります。内科というだけで、医療に対する大きな理解と、より深い知識が必要になってくるでしょう。

様々な疾患に対して適切な処置を施さなくてはいけない内科では、一人一人の看護師の仕事内容も多く分かれます。

まず、問診では患者さん自身が相談してくる症状を的確に医師に伝え、正確な診断と処置が行えるようサポートをします。

外来ではバイタルチェックから始まり、主に診察時の補助をします。患者さんの症状次第では必要に応じて採血や注射を行う場合もあります。

診察の間の長い待ち時間で体調の悪くなる患者さんも多く、こまめに目配りをしながら柔軟に対応する能力も必要になってきます。

病棟にもよりますが、基本的には外来と同じような業務を行います。医師の指示に従って適切な処置を施し、患者さんが一日でも早く退院ができるように補助します。

内科の看護師として働く場合、様々な疾患への対処法のスキルを習得できるという大きなメリットがあります。

優秀な看護師としてさらに高みを目指してスキルアップするためには、色んな症状に対して常に臨機応変に対応ができるように、よりたくさんの知識と技術が必要になってきます。

適切な処置を速やかに行えるよう、患者さんとしっかり向き合う必要があるため、コミュニケーション力が自然と身につくこともメリットの一つだと考えられます。

看護師が内科に対して厳しいと感じてしまいがちなのは、専門的なスキルアップにはあまり期待ができない点です。内科の場合は診察部位がとても広く、専門的な知識や技術を習得するには本当に多くの経験を積み重ねなければいけません。

転職先の実際の仕事内容や雰囲気、自分の望む働き方に合っているのかをしっかりと確認した上で入職することをおすすめします。

大学病院ってどんな職場なの?

特定機能病院である大学病院では、一般病棟では、診ることのできない重症患者、あるいは高度な専門医療が必要となる患者、難病などの稀な病気の患者が集まっています。

治療はもちろん困難なものになりますが、それだけに様々な症例を経験することができます。そのため大学病院という環境は、知識の幅をもっと広げたいという人にとって、得るものの多い職場となっています。

また、大学という教育機関なだけあって、教育への制度がしっかりしている点もとても魅力的です。

しかし、多くの大学病院の場合、看護師の採用を年度ごとで行っているため、4月採用のみというところがほとんどです。もしも転職を考えているのであれば、採用のタイミングやその方法などは早めにチェックしておいたほうがよいでしょう。

大学病院は規模の大きいところばかりなので、採用人数が100人単位と多く、一度でたくさんの人数が入職する分、新卒ばかりではなく、中途採用も含め、新採用者研修、オリエンテーションなどが手厚い病院が多くなっています。

ただ、若手看護師の割合が非常に多いため、あなたの年齢、経験年数によっては、しばらくしてから指導する側に立つことが求められるかもしれません。

ほとんどの大学病院の場合は、就職説明会やインターンシップなどが用意されており、働きはじめる前に、実際に働く人たちの話が聞けたり、職場の雰囲気を視察することができます。

一方で、研修医など若手の医師も多くいるため、注射や点滴を経験できる機会が少ないという面もあるようです。

しっかり役割が分担されている面をプラスにとるか、自らのスキルが向上しにくいという面をマイナスに取るかは、個人差があるかもしれません。また、多くの経験を積める反面、少し忙しすぎるという声もよく耳にします。

急患や手術が多く、なかなかシフト通りには業務が終われず、新薬に関する説明会以外にも自主的な委員会や勉強会が多く、看護業務以外の理由での残業が多くあるようなので、その点は覚悟して働くことが必要です。

特定看護師として働く

特定看護師とは、通常の看護師よりも幅広い分野の医療行為が行える資格のことです。

アメリカには「ナースプラクティショナー」という資格がありますが、この資格と比べると医療行為の範囲はやや狭くなると考えてください。上級看護職と考えたほうが分かりやすいかもしれません。

特定看護師になるのは、もちろん簡単ではありません。しかし、特定看護師が増えることで、医療の現場はどんどん改善されていきます。医師不足によるさまざまな問題も緩和され、医師一人一人の負担が軽減されることに繋がります。

特定看護師にできる医療行為は、今までは診療の補助として行われているものがほとんどでした。さらに、医療機関によって実施内容の範囲も異なっている状態でした。

ここからしっかりとした基準が定められるのですが、それによって今までできていた医療行為ができなくなるのでは、という声も挙がっています。

多くの人間の命を救う医療の現場に関わることだけに、この問題は慎重に考える必要があります。しかし、今よりもっと大きく医療が改善される可能性があるのも事実です。

特定看護師の資格取得を目標にする場合、転職の際の求人選びが大切です。より優秀な看護師を育成しようと、多くを学ばせてくれたり経験させてくれる職場を選ぶと、スキルアップのスピードもはやくなるでしょう。

本来であれば、優れた看護師が多いのはとてもいいことだと思います。しかし、職場次第では、現状でそこまでの余裕がないというところもあります。もしも選択の余地があるのであれば、少しでも資格の取りやすい環境を選ぶほうが良いでしょう。

特定看護師の資格を取得するのは決して簡単なことではありません。資格取得したあとにも5年ごとに更新があるので、そのために努力すべきことがたくさんあります。

資格取得を目指す看護師にとって、職場選びは慎重に越したことはありません。転職を考えるのであれば、そういう視点からも考えてみましょう。

このページの先頭へ